対応しています。
クラウド会計は、うまく活用できれば適時の経営数値の把握を可能とし、経営管理としては非常に役に立ちます。
しかし、活用するためにはポイントがあります。特に重要なのは、会社・個人事業主と会計事務所の双方が、それぞれの役割を認識しそれを実行することです。
導入した“だけ”でうまくいくようなツールなんてそもそも存在しません。それを活用するために戦略的に体制を整備することがとても重要となります。

リージョンパートナー会計事務所代表の三上の地元だからです。
生まれは岩手県宮古市ですが、その後すぐに盛岡市に引っ越し、高校卒業まで盛岡で暮らしていました。

リージョンパートナー会計事務所は、盛岡駅から徒歩6分の場所にあります。
したがって、お客様は岩手県盛岡市が多くなりますが、その他の地域についても双方合意の上でご契約は可能です。
現在は、ZoomやSkypeなどのWEB会議システムも充実しているため、それらをうまく活用してコミュニケーションを図ることが可能です。

税務顧問契約を締結していないお客様については、まずは財務分析診断サービスにお申込みください。
現状把握がすべてのはじまりになります。

現在の会社の状況によって、成果は大きく異なります。
少し極端な例になりますが、例えば、市場規模も会社自体の売上も右肩下がり、有効な売上アップ策も見いだせない、という状況であれば、根本的な改善は難しいです。
逆に、本業が安定している、もしくは事業としてのポテンシャルを有しているのであれば、財務改善策を図ることにより、成長スピードのアップ、会社基盤の安定化をスムーズに行うことが可能となります。

可能です。
しかし、せっかくなので数字をベースに考え抜く機会としていただけると税理士・会計士としてはうれしい限りです。
よく「数字が苦手」「会計はわからない」という経営者が多いのですが、それはあまり気にする必要は実はありません。
重要なのは、いかに会社のビジネスについて日頃考えているか、いかに情熱をもっているかです。数値のテクニカルな部分で重要なのはさほど多くありませんし、複雑でもありません。そのあたりは、私が徹底的にサポートするので全く問題ありません。

弊所で提供するサービスの基本は、税務顧問サービスです。
資金繰り改善、経営管理面の改善を集中的に行いたい場合は、そのタイミングでお気軽にご相談ください。

Load More