現場の視点で疑問に答える 収益認識[会計・法務・税務]Q&A

2021年4月以降開始事業年度から、企業会計基準第29号「収益認識に関する会計基準」及び企業会計基準適用指針第30号「収益認識に関する会計基準の適用指針」が適用されます。
簡単にいうと、今まで日本には存在していなかった収益認識(=売上の計上)に関する会計基準が、ついにできたのです。
さらにポイントとなるのが、法人税法も基本的にはこの会計基準に従う形となる点です(なお、消費税は異なります)。

本書籍は、タイトルにもあるとおり『現場の視点で』使える書籍にしようという点を共通認識として作りました。

ぜひ、現場でふんだんに活用していただければと思います。

アマゾンへのリンクはこちらです。